とある魔術の禁書目録 とりあえず1〜3巻 | zjw2sp | sa.yona.la help | tags | register | sign in

とある魔術の禁書目録 とりあえず1〜3巻

reply

基本的に全巻(完結してないものは既刊分全巻)読んでから感想を書いていたけれど、珍しく全巻大人買いもせず(少し前に「とらドラ!」で失敗したから…)、一気読みもせずに、時間をかけて読んでいるので、とりあえずここらで軽く書いてみる。


前記事で少し触れたけれど、アニメが始まる前から購入候補にはなっていた。ただ、どんな感じの話なのかググって軽く様子見した時に、主人公が熱すぎてついていけない…みたいな感想をいくつか見かけたので、熱血主人公は合わない俺は気になりつつも回避していた。


が、アニメ1話を見て、これくらいの主人公はラノベなら普通じゃね?と思って、とりあえず1巻だけでも読んでみることにした。そして1巻を読んでみたら、まずまずかな…と。


まず好印象だったのは、初巻はまずまずスマートに初巻内で完結していること。ラノベはコミックと同じで、出してみて売れ行きが良ければ(半強制的にでも)続刊というパターンだけど、意外と1巻でまとめきれてないものも多い中、これは前半で広げた話を比較的良い感じでまとめていて、読後感が悪くなかった。


それにデビュー作ということだが、文章はさほど読み難くもなく、テンポも悪くない。文体も特徴を出してる(それについては好みではないが許容範囲)。これなら先々も読んでいけそう、と感じた次第。


特筆するほど良かったわけではないが(そんなに良かったら全巻一気に読破してる)、今後しばらく気分転換に読み続けていく程度の内容はありそうだな…と思ったので、続刊も少しずつ買いはじめて、まったり読み続けている。


それに、きちんと、そこそこのペースで新刊を出し続けているのも重要だ。ラノベに限らず、長編になったはいいが、話の途中で放り出されるのが一番困るし、怒りを禁じ得ない。その点も、読もうと思った、読み続けようと決めた大きな理由だ。


気になった点は、今のところ(3巻現在)1巻毎に完結した内容になっているのは良いのだが、物語における大きなストーリーが存在しないという点。このまま1巻毎に完結した内容を続けていくだけなら、飽きてしまう可能性がある。


一応、“大きな組織”が初巻から出てきてはいるので、それなりの流れになっていくのだろうと信じているが、最初から大きなストーリー(と完結に対する目標)がある物語とは違うので、その辺が曖昧なままだと、途中で読み続けるテンションが落ちてしまいそうだ。そうならないで欲しいな…


と思いつつも、しばらくは読んでいくつもりだ。16巻まで出ているということなので、それまで飽きずに楽しく読めることを期待しつつ…

posted by zjw2sp | reply (0) | trackback (0)

Trackback URL:
api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.